食害がものすごいらしい!ツマジロクサヨトウにご用心!!

2019年に九州方面で初確認されて問題となっていたツマジロクサヨトウですが、あっという間に大阪、関東へ発生が拡大しました。

2019年に中国、韓国、台湾でも発生を確認されており、その年に日本に上陸って、ホントどれだけ拡大が早いんだよ!?って感じですが、自分で飛んできたり乗り物や荷物にくっついてきたりしてるんでしょうね。

よくある事ですが、気付いていないだけで実は少し前からいたのかもしれません…



ツマジロクサヨトウが寄生する作物の種類は?

ツマジロクサヨトウは南北アメリカが減産だそうで、さすが暖かい地域から来た外来種なだけあってかなりの大食いタイプ!?のようです。
広範囲の作物を加害する事がわかっています。

国内で問題となっているのは主に飼料用トウモロコシのようですが、それ以外のイネ科作物(普通のとうもろこし、サトウキビ、イネなども加害)、アブラナ科野菜、ウリ科野菜、トマトやナスなどのナス科野菜、だいずなどのマメ科野菜、キュウリなどのウリ科野菜、菊などの作物を食害します。

ホントに食べ物の好き嫌いが無さそうな害虫のようです。
ざっくり80種以上の寄生作物があるとされています。


ツマジロクサヨトウの生活環について

ツマジロクサヨトウは、冬季の気温が10℃以下の地域では越冬ができない害虫で、休眠性の無い害虫とされています。

農薬メーカーさんの情報ですが、生育ステージはざっくりこのような感じです。

卵の期間  : 3日程度
幼虫の期間 : 16日程度
蛹の期間  : 17日程度
成虫の期間 : 15日程度

卵から成虫までの期間は約1カ月ほど。

成虫の飛翔能力はとても高く、1日に飛行する距離は、おおむね100㎞程度。
産卵開始までは500㎞以上の距離を移動するとされています。

1匹の雌成虫が1回で産む卵の数は、100~200個。
卵塊で産みます。
若齢幼虫は葉を葉裏から集団で加害します。
そして、成長すると加害しながら分散していきます。

幼虫は6齢幼虫まで脱皮を繰り返し、終齢体長は約40mmほどになります。

問題となっているトウモロコシの食害の様子としては、葉、成長点を含む上位の葉巻部位、子実。
幼虫は若齢から老齢まで食害しますが、主に柔らかい新葉が集まる上位部分を食害する傾向が高く、下位の硬い葉巻部位を外側から加害する事は少ないようです。

詳しくは農林水産省のHPにツマジロクサヨトウについてまとめられたページがありますので、拡大を続けるツマジロクサヨトウについての情報が欲しい方は、そちらもチェックしてみて下さい。
リンクを貼っておきます。

農林水産省:ツマジロクサヨトウに関する情報



ツマジロクサヨトウを見分ける方法は?

食害が旺盛な為、食害を受けている近くに大量の糞を発見する事で、その作物が加害されているかどうかを確認する事ができます。

また、幼虫は後部(おしりの部分)に4つの黒点があり、顔の部分にもY字型の白模様があるので、見た目からも判断がつくようです。

大阪府をはじめ、侵入が確認された各県で特殊報や注意報が出ています。
ご興味のある方は参考用にリンクを貼っておきますのでご確認下さい。

大阪府 環境農林水産部 農政室推進課 病害虫防除グループ情報より、「ツマジロクサヨトウ」にご注意ください。


ツマジロクサヨトウは農薬防除ができるのか?

外来種という事で、どんな農薬が効くのか気になる所ですが、薬剤抵抗性などは今の所は確認されていないようなので、ヨトウやタバコガ等の大型チョウ目に効果のある薬なら防除ができそうです。

国内では主に飼料用とうもろこしの被害が問題視されている為、とうもろこし関係の登録をもっている農薬を主体に農林水産省が情報提供しています。

この中で効果が期待できる農薬としては、フェニックス顆粒水和剤アクセルフロアブルトレボン乳剤アファーム乳剤プレバソンフロアブルプレオフロアブルアニキ乳剤コテツフロアブルなどです。

殺虫活性としては、特にフェニックス剤の効果が高い傾向にあります。



まとめ

農林水産省の情報として、2019年7月時点では、現行の農薬登録内容にはツマジロクサヨトウに対しての登録農薬はありません。

外来生物という事もあって、他地域への拡大、蔓延を防止する事が重要視されています。

農林水産省では、生態や防除技術に関する調査や研究を植物防疫所で実施し、作物ごとの防除マニュアルを策定予定との事です。

とはいえ生産現場はマニュアル策定まで待っていられませんので、上記のような活性のある薬剤を定期的にローテーション散布するのが無難でしょう。

トウモロコシ以外の作物にも寄生する事がわかっていますので、圃場チェックを行いながら、例えば大量に糞がみられるような株があれば怪しいと疑ってかかって徹底的に防除した方が無難だと思います。

硬い部分よりは柔らかい部分を好むようなので、作物または子実が幼い時期などには注意して防除を行うよう心がけて下さい。


スポンサーリンク
Amazon:ネギ 農薬 検索
Amazon:展着剤 検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*