水田の斑点米カメムシ類に注意しましょう。カメムシ防除農薬についても紹介します。

関東の平地の例ですが、7月中下旬になってくると、水田によっては稲穂が上がってきます。

この頃に注意が必要なのが斑点米カメムシです。

↓カメムシ被害籾


関東平地の場合、近年の気象条件やヒメトビウンカ防除(縞葉枯病(しまはがれびょう)対策)に重点を置いた空中散布などにより、カメムシ防除が疎かになってきている事もあり、年々カメムシ類による被害が多くなっているような印象を受けます。

農林水産省も7月早々に「令和2年度の病害虫発生予報第4号」を発表し、水稲斑点米カメムシの注意案内や果樹カメムシ類に対する発生予察情報を公開しており、果樹カメムシ類については平年より多いという地域が大半をしめています。

果樹カメムシ類の多発生は水田の斑点米カメムシ類の発生にリンクする事が多く、今年も関東各県では斑点米カメムシ類の予察注意報が出ています。



代表的な斑点米カメムシ類の種類について押さえておきましょう。

昆虫には地域性も有りますが、主に関東でよく見聞きするカメムシ類のポイントだけ押さえておきます。


水田における代表的なカメムシはいくつかありますが、大型種の代表格はクモヘリカメムシ、ホソハリカメムシ、イネカメムシ、ミナミアオカメムシです。
インターネットで検索すると画像が色々出てくると思いますので、関心のある方はチェックしてみて下さい。


クモヘリカメムシは、体長約15~17mm程度。
東北南部や関東以西の山間部などで発生しています。
籾(もみ)の加害が大きい厄介な大型カメムシです。

ホソハリカメムシは、体長約8.5~11mm程度。
クモヘリカメムシより小さいですが、イネを加害するカメムシの中では大型種になります。
主に本州以南に分布していると言われてお、被害は関東以西に多いとされています。

イネカメムシは、体長約12~13mm。
イネカッショクカメムシとも呼ばれますが、本州以南の各地で発生が多い大型種です。

ミナミアオカメムシは、体長約12~16mm程度。
本州、四国、九州と幅広い分布をしており、多食性のカメムシです。


それより小さい個体種としては、アカヒゲホソミドリカスミカメやアカスジカスミカメといった個体が体表的です。

アカヒゲホソミドリカスミカメは、体長約6mm程度。
日本全国で発生しているカメムシで、出穂~乳熟期に吸穂します。

アカスジカスミカメは、体長約5~7mm程度。
北陸、関東以北を中心に発生が多いカメムシです。


斑点米カメムシ類の発生は地域性があり、上記以外の斑点米カメムシ(トゲシラホシカメムシ 、オオトゲシラホシカメムシ、コバネヒョウタンナガカメムシ、イネクロカメムシ等のカメムシ)もいます。


スポンサーリンク
Amazon:稲 農薬 検索



水田本圃の斑点米カメムシ対策でまずやるべき事は、畦畔の雑草対策です。

斑点米カメムシ類は、個体にもよりますが、水田近くの雑木林や、水田畦畔の雑草(スズメノカタビラ、スズメノテッポウ、カズノコグサ、ハルジオン、メヒシバ、エノコログサ、チガヤ、クローバー、スギナ等)から飛来してきます。

畦畔雑草においては、特にイネ科雑草を好みます。


斑点米カメムシ類対策の耕種的防除対策としては、除草作業によってイネ科雑草の出穂を抑える事が大切です。


イネ科雑草の穂は、斑点米カメムシ類が集まる要因となります。

関東各県で推奨している除草のタイミングとしては、おおむね水稲出穂の2~3週間前に1度処理しておき、水稲出穂期頃(草刈りや除草剤散布で処理したイネ科雑草が再び出穂する前)のタイミングに追いかけで除草処理するといった2回の除草作業を行う事で、イネ科雑草の出穂を長期間抑制できるだけでなく、斑点米カメムシ類の水田への飛込(侵入)を低減させる事ができるとされています。


天候やお仕事等の都合で2回の除草処理を行えない場合は、遅くても水稲出穂期の10日前までには除草をしておくと良いでしょう。

出穂期直前の除草は、斑点米カメムシ類の水田への侵入を助長し被害を増加させる要因となりますので、出穂期の10日前頃までには除草作業を完了しておくようにして下さい。




斑点米カメムシ類の農薬防除のポイントについて

農薬を利用した斑点米カメムシ類の「幼虫」を対象とした防除適期は、出穂10~15 日後頃(乳熟期)が良いと言われています。
乳熟期以降、カメムシ類の幼虫密度が高いと斑点米の被害が増える傾向にありますので、この時期の幼虫密度を抑える事が重要です。

成虫」を対象とした防除適期は穂揃期頃になります。
穂揃期に成虫を確認した場合は早めに防除を行って下さい。


カメムシ類の幼虫や成虫の区別がわからん!!という場合は、薬剤選定と散布ポイントだけ抑えておくと良いでしょう。

具体的には、出穂期~穂揃期頃に斑点米カメムシ類を圃場で発見した場合、「液剤農薬」を利用する場合は乳熟期初期(出穂期7日~10日頃)まで、「粒剤農薬」を利用する場合は、出穂期~出穂期7日後頃までに薬剤防除を行うようにしましょう。

粒剤による散布や委託空中散布等で一度消毒したとしても、カメムシ類の発生が見られる場合は、7日~10日の間隔で1、2回追加防除を行うようにして下さい。
収穫が遅い水田の場合、8月中旬以降でも成虫が周辺から飛来してきて被害を受ける事が多々有ります。


穂が上がってきた水田圃場。
遠くから見ると青々としていて綺麗な印象を受けますが…


無対策圃場の場合、近付いて稲を良く見てみるとカメムシの被害痕が目立ちます。




斑点米カメムシ類防除で使える農薬について

水稲殺虫殺菌剤等は、JAのみでしか扱えない専門商品もありますが、こちらでは代表的な薬剤をいくつかピックアップしてみようと思います。

農薬の登録内容は不定期に登録の変更や登録の抹消が起こる場合が有りますので、ご利用になる際は、最新の登録内容を確認してから使うようにして下さい。
以下の登録内容は簡略表記ですので、各病害虫の詳細登録内容は個別にチェックするようにして下さい。
以下は2020年7月現在の登録薬剤です。


●MR.ジョーカーEW
登録害虫:イナゴ類・ウンカ類・カメムシ類・コブノメイガ・ツマグロヨコバイ・フタオビコヤガ
散布/500倍・2000倍/収穫14日前まで/2回以内/IRAC:3(A)
無人ヘリコプターによる散布/16倍

●アルバリン粒剤
登録害虫:イネドロオイムシ・イネミズゾウムシ・ウンカ類・ツマグロヨコバイ・ニカメイチュウ
散布/3kg/10a/収穫7日前まで/3回以内/IRAC:4A

●アルバリン顆粒水溶剤
登録害虫:ウンカ類・カメムシ類・ツマグロヨコバイ
散布/2000倍/収穫7日前まで/3回以内/IRAC:4A

●イモチエースキラップ粒剤
登録病害虫:いもち病・ウンカ類・カメムシ類・変色米(アルタナリア菌・カーブラリア菌)・穂枯れ(ごま葉枯病菌)・紋枯病
湛水散布/3kg/10a/収穫35日前まで/1回/IRAC:2(B)/FRAC:11

●エクシードフロアブル
登録害虫:イナゴ類・ウンカ類・カメムシ類・ツマグロヨコバイ
散布/500倍・2000倍/収穫7日前まで/3回以内/IRAC:4C
無人航空機による散布/16倍

●エルサン乳剤
登録害虫:イネドロオイムシ・イネハモグリバエ・イネヒメハモグリバエ・カメムシ類・サンカメイチュウ第3世代・ツマグロヨコバイ・ニカメイチュウ第1世代・ニカメイチュウ第2世代・ヒメトビウンカ・フタオビコヤガ
散布/1000倍/収穫7日前まで/2回以内/IRAC:1(B)

●キラップジョーカーフロアブル
登録害虫:イナゴ類・ウンカ類・カメムシ類・コブノメイガ・ツマグロヨコバイ・フタオビコヤガ
散布/1000倍/収穫14日前まで/2回以内/IRAC:2(B)・3(A)
無人ヘリコプターによる散布/8倍

●キラップフロアブル
登録害虫:イナゴ類・イネドロオイムシ・ウンカ類・カメムシ類
散布/500倍・1000~2000倍/収穫14日前まで/2回以内/IRAC:2(B)
無人ヘリコプターによる散布/8~16倍

●キラップ粒剤
登録害虫:ウンカ類・カメムシ類
湛水散布/3kg/10a/収穫14日前まで/2回以内/IRAC:2(B)

●スタークルメイト液剤10
登録害虫:ウンカ類・カメムシ類・ツマグロヨコバイ
散布/300倍・1000倍/収穫7日前まで/3回以内/IRAC:4A
空中散布/8倍・30倍  無人航空機による散布/8倍

●スミチオン乳剤
登録害虫:アブラムシ類・アワヨトウ・イネシンガレセンチュウ・イネツトムシ・イネドロオイムシ・イネハモグリバエ・イネヒメハモグリバエ・カメムシ類・サンカメイチュウ第3世代・ニカメイチュウ・ニカメイチュウ第1世代・ニカメイチュウ第2世代・ヒメトビウンカ・フタオビコヤガ
散布/300倍・1000倍/収穫21日前まで/2回以内/IRAC:1(B)
空中散布/8倍・30倍
無人航空機による散布/8倍

●ダントツ水溶剤
登録害虫:イネアザミウマ・イネドロオイムシ・ウンカ類・カメムシ類・ツマグロヨコバイ
散布/1000倍・4000倍/収穫7日前まで/3回以内/IRAC:4A

●ダントツ粒剤
登録害虫:ウンカ類・カメムシ類・ツマグロヨコバイ・ニカメイチュウ
散布/3~4kg/10a/収穫7日前まで/3回以内/IRAC:4A

●トレボンEW
登録害虫:イナゴ類・イネドロオイムシ・イネミズゾウムシ・ウンカ類・カメムシ類・コブノメイガ・ツマグロヨコバイ
散布/1000倍/収穫14日前まで/3回以内/IRAC:3(A)

●トレボンMC
登録害虫:イナゴ類・イネドロオイムシ・ウンカ類・カメムシ類・コブノメイガ・ツマグロヨコバイ
散布/600倍・2000倍/収穫14日前まで/3回以内/IRAC:3(A)

●トレボン乳剤
登録害虫:イナゴ類・イネドロオイムシ・イネミズゾウムシ・ウンカ類・カメムシ類・コブノメイガ・ツマグロヨコバイ
散布/600倍・2000倍/収穫14日前まで/3回以内/IRAC:3(A)

●フジワンラップ粒剤
登録病害虫:いもち病・ウンカ類・カメムシ類・ニカメイチュウ・稲こうじ病
湛水散布又は無人航空機による散布/4kg/10a/収穫30日前まで/2回以内/IRAC:2(B)/FRAC:6

●ブラシンキラップフロアブル
登録病害虫:いもち病・ウンカ類・カメムシ類
散布/300倍・1000倍/収穫14日前まで/2回以内/IRAC:2(B)/FRAC:U14・16.1
無人ヘリコプターによる散布/8倍

●ブラシンジョーカーフロアブル
登録病害虫:いもち病・ごま葉枯病・もみ枯細菌病・ウンカ類・カメムシ類・コブノメイガ・ツマグロヨコバイ・稲こうじ病・ 内穎褐変病・変色米(アルタナリア菌・(エピコッカム菌・カーブラリア菌)・穂枯れ(ごま葉枯病菌)
散布/300倍・1000倍/収穫14日前まで/2回以内/IRAC:3(A)/FRAC:U14・16.1
無人ヘリコプターによる散布/8倍

●ブラシンダントツフロアブル
登録病害虫:いもち病・ごま葉枯病・イナゴ類・ウンカ類・カメムシ類・ツマグロヨコバイ・穂枯れ(ごま葉枯病菌)
散布/300倍・1000倍/収穫7日前まで/2回以内/IRAC:4A/FRAC:U14・16.1
空中散布/8倍・30倍
無人ヘリコプターによる散布/8倍

●ベストガード水溶剤
登録害虫:ウンカ類・カメムシ類・ツマグロヨコバイ
散布/2000倍/収穫14日前まで/4回以内/IRAC:4A

●ベストガード粒剤
登録害虫:ウンカ類・カメムシ類・ツマグロヨコバイ
散布/4kg/10a/収穫14日前まで/4回以内/IRAC:4A

●アミスターアクタラSC(JA品目)
登録病害虫:いもち病・ウンカ類・カメムシ類・ツマグロヨコバイ・紋枯病
散布/250倍・1000倍/収穫14日前まで/2回以内/IRAC:4A/FRAC:11
無人航空機による散布/8倍

●アミスタートレボンSE(JA品目)
登録病害虫:いもち病・ウンカ類・カメムシ類・ツマグロヨコバイ・紋枯病
散布/300倍・1000倍/収穫14日前まで/3回以内/IRAC:3(A)/FRAC:11
空中散布/8倍・30倍
無人航空機による散布/8倍


混合剤やJA品目、粉剤農薬等を含めると上記以外の薬剤も有ります。
斑点米カメムシ類登録のある薬剤(液剤・粒剤)を中心にピックアップしている為、その他の薬剤は一部割愛していますが、曇天や降雨が続くような年は、いもち病の発生にも注意が必要です。
関東平地で7月頃に葉いもち病が見られるような年は、穂いもち病への移行に注意が必要です。

また、本格的な夏場を迎え気温が上昇してくると、いもち病から紋枯病へと病害がシフトしていきます。

いもち病と紋枯病の両方をカバーできる商材は、一般商店向けの薬剤では限られてしまいますが、ブラシンバリダゾルモンカットラブサイド20フロアブルといった薬剤もありますので、状況に合わせて薬剤を選択してみて下さい。


スポンサーリンク
Amazon:稲 農薬 検索



まとめ

今回は水田の問題害虫、斑点米カメムシ類にフォーカスを当てて、水田カメムシ類に対する種類や水田畦畔の除草対策時期(耕種的防除方法)、対応農薬について紹介しました。

斑点米カメムシ類の種類や活用されている農薬については地域性があると思います。
薬剤の効果不足の話をたまに伺いますが、多くは散布タイミングがずれている事が原因です。
取りこぼしや再発生はつきものですので、被害が多い圃場についてはある程度コストがかかってしまう現状があります。

米価は野菜のような相場の跳ね上がりがほとんど期待できない作物です。
業者等の古米のストック状況によって相場ダウンも否めません。

取れ高がおおむね予測できてしまう為、極力投資は避けたいという作物になっていると思います。

とはいえ、斑点米が多ければ米価等級は下がりますし、色選機を使ってはじいたとしても、出せる米量が減ってしまいますので結果的に減収になってしまいます。

ウンカ類に重点を置くか、カメムシ類に重点を置くか、チョウ目害虫に重点を置くか、病害に重点を置くか………
全部できれば言う事なしですが、コストや作業性を考えると実際はできて1つか2つでしょう。

それによって防除の軸が変わってくると思いますが、昨今の天候事情などを考えると、よほどの事が無い限りカメムシ被害は減らないと思われますので、水田圃場をよく観察して防除を検討して頂ければと思います。



スポンサーリンク
Amazon:稲 農薬 検索



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*